花の場所を覚えておこう ヤマユリの食べ方【食べられる山野草】

食べられる野草・山菜

初夏に山地の林など見られるヤマユリ。
強い芳香を放つ大きな花は見応えがあります。

そんなヤマユリの、食用として調べたことをまとめました。

ヤマユリの基本情報

  • ヤマユリ(山百合):ユリ科ユリ属 多年草
  • 別名:エイザンユリ、ヨシノユリ、ホウライジユリ、リョウリユリなど
  • 自生地:本州(近畿地方~東北地方)
  • 開花時期:6~9月
  • 薬用効果:打ち身、腫れ物、おできなど(外用)

 

ヤマユリの特徴


ヤマユリは日本特産種で、本州の山野に自生します。
北海道や九州で見られるものは栽培種が野生化したもの。

春に鱗茎から若芽を伸ばします。
草丈は1~2mで茎は直立し、葉は長さ10~15cmほどの広披針形で先端は尖っており、茎をらせん状に巻くように互生します。
初夏に、強い芳香を放つ漏斗状の大輪の6弁花を咲かせます。
花の内側には黄色い帯状の筋と紅い斑点があります。

 

仲間のササユリの鱗茎も、ヤマユリと同様に食用になります。

 

ヤマユリの食べられる部位と採取時期

 

主に晩秋から春にかけての鱗茎(ユリ根)が食用になります。
1輪1年といわれ、花の数が多いほど生育年数が長く、大きな鱗茎をもちます。

初夏のつぼみと花びらも食べられます。

 

ヤマユリの採取場所と注意

※場所により、いまだに放射線量の高い地域もあります。
自治体の情報をご確認の上、安全を判断してください。

山地や丘陵地の林の縁などに生え、水はけの良い土質を好みます。

鱗茎を採取する時は、開花期に場所を覚えておきます。
花の黄色い花粉は服に付着するとなかなか取れないので、触れないように気をつけます。

鱗茎を掘り出す時は、自然保護のため枝分けをして埋め戻しましょう。
また持ち帰って庭で栽培することもできます。

 

ヤマユリの調理方法

  • 鱗茎:天ぷら、和え物、きんとん、甘煮、茶碗蒸しなど
  • つぼみ、花:和え物

アクは弱めですが苦味があります。
ここでは、ヤマユリのシンプルなおすすめ調理法を紹介します。

したごしらえ 
鱗茎は根を取り除き、よく洗い1片ずつはがし、少量の日本酒を加えた水から茹でます。
つぼみは苦味があるので、茹でた後30分ほど水にさらします。

①天ぷら 
鱗片を生のまま、玉ねぎやニンジンなどとともにかき揚げに。

②甘煮 
鱗片は、したごしらえの際、砂糖をたっぷり加えて甘煮に。
きんとんなどの甘い味付けはよく合います。

③和え物 
つぼみや花はしたごしらえの後、オニオンドレッシングや梅酢などと合わせます。

 

参考になる本の紹介

この記事を書くにあたって、以下の本などを参考にさせていただきました。
より詳しい情報やレシピ、写真が掲載されていますので、ぜひご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました